体験でもこんなことがありました。

子どもを教えてい

たとえばお母さんが、幼稚園に行ったら、先生におはよぅございますって言うのよと教えてあいさつの見本を示せば、女の子はそのやり方を理解し、言われた通りにあいさつするでしょう。
そして、毎日するうちに定着してきて、あいさつは当たり前にやること、決まっていることなんだと体で覚えていきます。
言われたことをちゃんとやっている。お母さんはそんなまじめな女の子を、扱いやすく手のかからない子と感じるでしょう。
中学生の男女を育てているCさんは、二人が小さかった頃の、学校の宿題に取り組む姿勢に女の子のまじめさを感じたと言います。
「長男が宿題をやっていないことに翌朝気づいて、やってないじゃない!と叱っても、ああ、やってなかったんだ。そうだね~とまったく焦る様子もないんです。

動じていないというか。
私は、宿題は当然やるべきものだと思っているので、息子のその感覚が不思議でしょうがなくって。
長女は、宿題は完璧にやって提出しないと気が済まないらしく、塾と学校の宿題が多いと睡眠時間を削ってもやり抜いていて、そこまでしなくてもと思うくらいきちんとやっていました。
宿題を提出したら先生からマルがもらえるので、そのマルがほしいためにやっているというのが正直なところですが……」

大学など行かせないで働かせればいい。


先生自体に向かつてついそういう声を出した。

要領の良さに欠けることも
宿題にかぎらず、学習面においてもこれをしなさいと言われれば、比較的きちんとやるのが女の子です。
大人がやりなさいと言う、その空気を読めるからちゃんとやるのです。
男の子の場合、もともと興味がないことややる気がないことなら、平然とやらないことを選択する傾向があるようです。
大人がやりなさいと言っても、女の子のようにその場の空気を読むような繊細さや気遣いはあまりないのかもしれません。
コツコツとまじめにこなす女の子。それなのに、しばしば最後は男子に抜かされるということがあるのは、どうしてでしょうか。

子どもの学びたい知りたい

高3の夏から一気に勉強を始めて志望校に合格する男子の話はよく耳にします。中学受験でも、最後の3カ月で一気に追い上げる男の子の話は、たびたび聞かされます学習塾関係者からおそらく、男の子はいったんスイッチが入ったら、ものすごい集中力を発揮するのでしょう。
やりたくないことはやらないは、裏を返せば自分がやりたいと思ったら、何としてもやる
ということでもあります。


子どもの持っている能力を考えに入れて

子どもの持つ不思議な力を考えずにいられなかった。

「今までダラダラやってきたけど、なんとしても志望校に合格したいという気になった!」と目標が明確になったとたん、して、絶対に合格するんだという気持ちが高まり、集中力や要領の良さを発揮するのでしょう。

だから、できるだけムダなく効率的に勉強短期限定でがんばれるのだろうと思います。
追い詰められると底力を発揮するということでしょう。
時に耳にします。
そして、それまでゆったりかまえていた分、女の子の場合、余力もあり、方、コツコツがんばってきたことが最後の最後で裏目に出てしまうということも、力が尽きてしまうのしょう。
ここがとても難しいところです。
勉強することの意義

を明確にしたいまじめに言われたことはするのは、とてもすばらしいことです。

子どもは一人の人間がどうやって仕事


大学生になった彼女

きちんとやればほめてもらえるという期待が、モチベーションになることもあるでしょう。
それはそれでとても良いことです。
それは言われなければやらないことでもあるかもしれません。
しかし、やらないと叱られる、ペナルティがあるからやっている
ということもあります。
勉強することの意義や楽しさが見出せていないと、やれと言われるからやっているだけ
ても、勉強が高度になる高学年や中学生になったとき、伸び悩むことになりがちです。
となり、主体性が伴いません。
小学校の低学年のうちはそれでうまくいっさらに、女の子の思春期は早いものです。ちょうどその時期にてもやらないしたくないになる可能性があります。大学でベンチャー論という

  • 体験することによっていうことがわかってきます。
  • 先生に叱られる
  • 子供たちと話すようにしていました。


大学でベンチャー論という 子どもがある年齢を過ぎたら親はあまり命令せず 母親は自立した人です。