子どもがやったかどうかを確認して

子どもを生き残らせる知恵をめぐらせています

単に抽象的、観念的な世界人というものは存在しなここから、世界に開かれた日本人であることという第二の要請が現われる今日の世界は必ずしも安定した姿を示していない。局地的にはいろいろな紛争があり拡大化するおそれもなしとしない。われわれは、それに冷静に対処できる知恵と勇気をもつとともに世界的な法の秩序の確立に努めなければならない。
同時に、日本は強くたくましくならなければならない。それによって日本ははじめて平和国家となることができる。もとより道徳的な強さ、たくましさを中心とする日本の自主独立に必要なすべての力を意味しているこでいう強さ、たくましさとは、人間の精神的日本は与えられる国ではなく、だけではなく、すでに与える国になりつつある。

  • 育ててみれば
  • 子どもの状況によって
  • 子どもを叱ってばかりいれば

教育文化生きざまのなかに造的に非行を生み出す日本も平和を受け取る平和に寄与する国にならなければならない。
世界に開かれた日本人であることという第二の要請は、このような内容を含むものである日本のあり方と第三の要請今日の日本について、なお留意しなければならない重要なことがある。
主主義国家として新しく出発した。しかし民主主義の概念に混乱があり、じゅうぶんに日本人の精神的風土に根をおろしていない。
戦後の日本は民民主主義はなおそれについて注意を要する一つのことがある。それは、民主主義を考えるにあたって自主的な個人の尊厳から出発して民主主義を考えようとするものと階級闘争的な立場から出発して民主主義を考えようとするものとの対立があることである民主主義の史的発展を考えるならば、それが個人の法的自由を守ることから出発して
やがて大衆の経済的平等の要素を多分に含むようになった事実が指摘される。子育てに関してはい魂

 

勉強とよく言います。

しかし民主主義の本質は、個人の自由と責任を重んじ、法的秩序を守りつつ漸進的に大衆の幸福を樹立することにあって、法的手続を無視し一挙に理想郷を実現しようとする革命主義でもなく、それと関連する全体主義でもない。性急に後者の方向にかたよるならば、個人の自由と責任、法の尊重から出発したはずの民主主義の本質は破壊されるにいたるであろう。今日の日本は、世界が自由主義国家群と全体主義国家群の二つに分かれている事情に影響され、民主主義の理解について混乱を起こしている。
母さんが人の目ばかり気にするのではなく
しつけられたことでもいいのです。
また、注意を要する他の一つのことがある。由来日本人には民族共同体的な意識は強かったが、その反面、少数の人々を除いては、個人の自由と責任、個人の尊厳に対する自覚が乏しかった。日本の国家、社会、家庭において封建的残滓と呼ばれるものがみられるのもそのためである。また日本の社会は、開かれた社会のように見えながら、そこには閉ざされた社会の一面が根強く存在している。そのことが日本人の道徳は縦の道徳であって横の道徳に欠けているとの批判を招いたのである。確固たる個人の自覚を樹立し、かつ日本民族としての共同の責任をになうことが重要な課題の一つであるさんここから、民主主義の確立という第三の要請が現われるこの第三の要請は、具体的には以下の諸内容を含む民主主義国家の確立のために何よりも必要なことは、自我の自覚である。

 

子どもと一面的に断定する発想パターン

一個の独立した人間であることである。かつての日本人は、古い封建制のため自我を失いがちであった。
その封建制のわくはすでに打ち破られたが、それに代わって今日のいわゆる大衆社会と機械文明は、形こそ異なっているが、同じく真の自我を喪失させる危険を宿しているつぎに留意されるべきことは社会的知性の開発である。由来日本人はこまやかな情緒の面においてすぐれていた。寛容と忍耐の精神にも富んでいた。豊かな知性にも欠けていない。ただその知性は社会的知性として、人間関係の面においてじゅうぶんに伸ばされていなかったここで社会的知性というのは、他人と協力し他人と正しい関係にはいることによって真の自己を実現し、法の秩序を守り、よい社会生活を営むことができるような実践力をもった知性を意味する。それは他人のために尽くす精神でもある。しいられた奉仕ではなく自発的な奉仕ができる精神であるさらに必要なことは、民主主義国家においては多数決の原理が支配するが、その際、多数を占めるものが専横にならないことと、少数のがわにたつものが卑屈になったり、いたずらに反抗的になったりしないことである。

先生も行ってやらないわけにはいかない

われわれはだれも完全ではないが、だれでもそれぞれになにかの長所をもっている。お互いがその長所を出しあうことによって社会をよりよくするのが、民主主義の精神である以上が民主主義の確立という第三の要請の中で、とくに留意されるべき諸点である。
以上述べてきたことは、今日の日本人に対しひとしく期待されることである。世界は平和を求めて努力しているが、平和への道は長くかつ険しい。世界平和は、人類無限の道標である。国内的には経済の発展や技術文明の進歩のかげに多くの問題を蔵している。今日の青少年が歩み入る明日の世界情勢、社会情勢は、必ずしも楽観を許さない。新たな問題も起こるであろう。これに対処できる人間となることが、わけても今日の青少年に期待されるのである以上、要するに人間としての、また個人としての深い自覚をもち、種々の国民的、社会的問題に対処できるすぐれた知性をそなえ、かつ、世界における日本人としての確固たる自覚をもった人間になること、これが当面する日本人の課題である

日本人にとくに期待されるもの

以上が今日の日本人に対する当面の要請である。


子育てに関してはい魂 子供はお父さんのことが大好きなのです。 子どもがやったかどうかを確認して