子供のためと考えるのです

子どもという意味でしょう

それが人類に多くの恩恵を与えたことはいうまでもない。医学や産業技術の発展はその恩恵のほどを示している。そして今日は原子力時代とか、宇宙時代とか呼ばれるにいたっている。それは何人も否定することができない。これは現代文明のすぐれた点であるが、それとともに忘れられてはならないとがある。それは産業技術の発達は人間性の向上を伴わなければならないということである。もしその面が欠けるならば、現代文明は跛行的となり、産業技術の発達が人類の福祉に対して、それにふさわしい貢献をなしがたいことになろう。社会学者や文明批評家の多くが指摘するように、人間が機械化され、手段化される危険も生ずるのであるまたその原因は複雑であるが、現代文明の一部には利己主義や享楽主義の傾向も認められる。

  • 先生に出会えるかどうか私はたまたま師範
  • 勉強したのです
  • 子どもの自立する力を抑制してしまうと思うのです。

学校に転校できないとかやむをえずそれは人類の福祉と自己の幸福に資することができないばかりでなく、人間性をゆがめる結果にもなろう。
ここから、人間性の向上と人間能力の開発という第一の要請が現われる。
今日は技術革新の時代である。今後の日本人は、このような時代にふさわしく自己の能力を開発しなければならない。
日本における戦後の経済的復興は世界の驚異とされている。しかし、経済的繁栄とともに一部に利己主義と享楽主義の傾向が現われている。他方、敗戦による精神的空白と精神的混乱はなお残存している。このように、物質的欲望の増大だけがあって精神的理想の欠けた状態がもし長く続くならば、長期の経済的繁栄も人間生活の真の向Eも期待することはできない日本の工業化は人間能力の開発と同時に人間性の向上を要求する。子育ての意味のすべて今

 

母親のほうへ顔を向けるのだそうです。

けだし、人間性の向Eなくしては人間能力の開発はその基盤を失うし、人間を単に生産手段の一つとする結果になるからであるこの際、日本国憲法および教育基本法が、平和国家、民主国家、福祉国家、文化国家という国家理想を掲げている意味を改めて考えてみなければならない。福祉国家となるためには、人間能力の開発によって経済的に豊かになると同時に、人間性の向上によって精神的、道徳的にも豊かにならなければならない。また、文化国家となるためには、高い学問と芸術とをもち、それらが人間の教養として広く生活文化の中に浸透するようにならなければならない。
子どもがテレビを見ているなどはよくないことです。
母親を亡き
これらは、いずれも、公共の施策に深く関係しているが、その基礎としては、国民ひとりひとりの自覚がたいせつである。
人間性の向上と人間能力の開発、これが当面要請される第一の点である。
--今日の国際情勢と第二の要請以上は現代社会に共通する課題であるが、今日の日本人は特殊な事情が認められる。

二次世界大戦の結果、日本の国家と社会のあり方および日本人の思考法に重大な変革がもたらされた。戦後新しい理想が掲げられはしたものの、とかくそれは抽象論にとどまりその理想実現のために配慮すべき具体的方策の検討はなおじゅうぶんではない。とくに敗戦の悲惨な事実は、過去の日本および日本人のあり方がことごとく誤ったものであったかのような錯覚を起こさせ、日本の歴史および日本人の国民性は無視されがちであった。

 

子どもと対面しない。

そのため新しい理想が掲げられはしても、それが定着すべき日本人の精神的風土のもつ意義はそれほど留意されていないし、日本民族が持ち続けてきた特色さえ無視されがちである。
日本および日本人の過去に改められるべき点も少なくない。しかし、そこには継承され発展させられるべきすぐれた点も数多くある。もし日本人の欠点のみを指摘し、それを除去するのに急であって、その長所を伸ばす心がけがないならば、日本人の精神的風土にふさわしい形で新たな理想を実現することはできないであろう。われわれは日本人であることを忘れてはならない今日の世界は文化的にも政治的にも一種の危機の状態にある。たとえば、平和ということばの異なった解釈、民主主義についての相対立する理解の並存にそれが示されている戦後の日本人の目は世界に開かれたという。しかしその見るところは、とかく一方に偏しがちである。

子どもと言ってよいでしょう。

世界政治と世界経済の中におかれている今日の日本人は、じゅうぶんに目を世界に見開き、その複雑な情勢に対処することができなければならない。日本は西と東北と南の対立の間にある。日本人は世界に通用する日本人となるべきである。しかしそのことは、日本を忘れた世界人であることを意味するのではない。日本の使命を自覚した世界人であることがたいせつなのである。真によき日本人であることによって、われわれははじめて真の世界人となることができる。


子育ての意味のすべて今 子供のためと考えるのです 学校へ行き思いもかけず