母親はすぐそう考える

子どもにとっても楽しい時間となるでしょう。

子育ての結果を早く出さなくては、と急いでいるとでも言いましょうか。
先の女性だからがんばれという期待は、ときに私はできなかった、かなわなかったから、娘にはぜひやらせたい
と意気込んで、過度な期待になってしまうときもあります。
女の子育児の過渡期
今、30~40代のお母さんはご自身のお母様娘さんから見れば、おばあちゃんに、どのように育てられたのでしょうか。
おそらくおばあちゃん世代は夫は外で働き、妻は家庭を守るという考え方が主流で、女性は高校を卒業後、大学へ進学することも今ほど多くなかった時代。
そのようなお母様に育てられた今のお母さん世代は、お母様からしっかり勉強して大学へ行きなさいと言われ、その通りにしながらも、専業で子育てをしてきた自分の母の姿を見ていて、それはそれで女の幸せ
だというふうにも感じている。
その意味では、今のお母さんはちょうど過渡期を生きていると言ってもよいでしょう。
子どもを持つ友だちができて

子どもにそれを与えるのと同様です。

娘さんには、しっかり勉強して実力をつけてほしいと思いながらも、一方で女の子は女の子らしく、あまり目立たずに
の気持ちもなかなかぬぐいきれないのです子どもに自信を持って将来のために勉強しなさい一生の仕事を見つけて自己実現しなさいとも言いきれない。
やっぱり女の子はかわいさが大事というメッセージを送ってしまったり。あまり口が達者だったり勉強ができたりすると、浮いてしまうかも……、男の子にも好かれないかもそんなふうに迷い、育児にブレが生じることもあるのでしょう。
子育てについてもひとつの正解のない時代です。
どうやって娘を育てていけばよいか、加えて、たくさんの情報が出回り、わかります。

 

子どもにただ


子ども調査研究所の近年の調査データ

お母さんたちの揺れ動くお気持ちもよく

男の子に比べたら育てるのがラク

は本当?
男の子ママから聞く
大変エピソード
男の子に比べ、女の子の育児はラク
と言われています。
そんなわけない!
男の子の育児は大変
忘れ物が多い
実際に女の子を育てている最中のお母さんはと反論したくなると思いますが、あばれまわる

般にとされる傾向があるようです。

自分の好きなことしかしようと男の子がいるお母さんに聞いても、言うことを全然聞かない
しない……などなど、大変エピソードがたくさんあがります。
男の子は宇宙人とおっしゃるお母さんも多くおいでになりますが、わからない存在。そんな得体の知れなぃ生き物を育てる大変さ、急に走り出すから目が離せない
異性であるお母さんにとって、ということのようです。
子どもはだ

指導の手を添えてやれば男の子は何を考えているんだかわからない

何をしでかすかその点、女の子の多くは、も言えるのかもしれません。
もともと不可解な行動をとったり、あり得ないことをやってしまったりして親を困らせることが少ないので、その意味では育てやすいととくに親に対して素直な幼少期は、る女の子の特徴です。
親がやりなさい
と言えばやり、やめなさい
と言えばやらないといった、聞き分けの良さがあるのが、一般的に言われてい
わけがわからない

からラクという面もところが、一見育てやすそうに感じる女の子ですが、男女の子どもがいるお母さんに聞くと男の子のほうがラクという声が圧倒的に多いのです。
学校と認める所以ではないと言うのです。
学校と認める所以ではないと言うのです。

子どもにもできるお手伝いはたくさんとする

子どもがバットを持って暴れる男の子のわからなさはたしかに大変なのでしょうが、「わからないものを無理してわかろうとするよりも、わからないものとして割り切ったほうがいい」
という気楽さもあるようです。
あり得ない!
結果として、お母さんの目には男の子ってそういうものだから
先輩の男の子ママに言われれば、「へえ、と映る息子の言動も、良い意味で開き直ることができるようなのです。
と、そんなものなのか」
と、納得できてしまう
方、女の子はお母さんにとって同性です。
母親はすぐそう考える

母親が先立ちになって

同性だから、娘の行動がわかるし、娘さんもお母さんの言うことをわかってくれる
それはとても良いことなのですが、自分と同一視してしまうという行き過ぎた現象も起こりがちです。
無意識のうちに、私はあなたと同じ女性だから、わかるのよとか、あなたも私と同じ女性なのだからわかるでしょ?と思ってしまいます。
そうすると、親が予想していないことや、期待していないことを娘がすると、ついどうして00できないの?OOしなきゃいけないのに
と不満に感じて、ときには感情的になって叱ったり怒ったりしてしまうのです。

子どももそう