母親は自立した人です。

子どもの世界にもタテマエを使いたがる子が増える。

生活を送り、社会問題に関して熱く議論を交わしている彼らは、とても輝いて見えました。
そうして目標を実現し、東大で充実した学生私は高校時代、もちろん東大は知ってはいても、自分が行く大学としてはまったく考えていなかったばかりか、関係のない大学だと思っていました。
もちろん、自分の進路についてはまったく後悔はしていないのですが、将来はこんな仕事をしたいといった目標もなく、なんとなく卒業後は、いつか結婚して家庭を持てればいいな
というくらいにしか思っていなかったことは、少し残念に感じます。

それだけに、東大生の友人を見て私の視野は狭かったなあ
と思うと同時に、環境が人の道筋を決めるんだということにも気づいたのです。
限界ラインを親が引かない
東大というのは別に特別な存在ではありません。
ればよいのだと思います。
自分の将来のビジョンを描いたとき、その過程に東大で学ぶという手段があるのなら、実現させるための努力をす娘が東大進学を考え始めたとき、私は無理だ
とは思いませんでした。
女の子なのだから、なにも東大に行かなくても……
とも思いませんでした。
挑戦するというのなら、思う存分挑戦させたい。
親が娘の限界ラインを引いてはいけないと思ったのです。
東大に進むべきだとも思いませんでした。
願いでいっぱいでした。

子供にわからせるのは親の役割といえるでしょう。


大学は例年箱根駅伝で輝かしい

娘自身がここで勉強したい
と強く思えるところを、自分に制限をかけずに、目標を高く決めてくれれば......。
こんな

何でもそつなくこなすからこそ細心の注意が必要

女の子
について、どこまでわかっていますか?
案外理解できていないもの
前のページで、お母さんは「自分は女性だから、女の子のことはわかっていると思い込まないでほしい」とお話しました。
お母さんが女の子ってこういうものなのだという狭い思い込みを女の子の子育ての軸にしてしまうと、育児が難しくなる。
母と娘の良好な関係を築くことも難しくなるのでは、と思うからです。
娘さんが今、どんなことに興味を持ち、何に熱中しているか知っているでしょうか。

体験やコミュニケーション

それは娘さんがお母さんを喜ばせたいとかお母さんに叱られたくないからという理由ではなく、本心でやっていることでしょうか。
子どもは親の期待に敏感に反応します。
とくに女の子には、その傾向が強いように感じます。
「お母さんは自分が何をすると笑ってくれて、何をすると怖い顔になるか」
るだけ笑ってもらえるような自分をつくろうとするよく知っています。
だから、無意識のうちに、できるだけお母さんを怒らせないよう、できこれは、娘が思春期にさしかかってから、私が気づいたことのひとつでもあります。
反省したこともありますし、そこから学んだこともたくさんありました。幸い途中で気づくことができて、娘に対する接し方も変わりました。
本当によかったと思っています。
男の子との比較で見えてくる特性
同性同士の難しさ、ますわかりづらさ、反対にわかりすぎてしまうゆえの難しさ、また通ってきた道だからこその過度な期待など、母と娘の間には様々な難しさがありいずれも近すぎる関係からくる難しさとも言えるでしょう。


子育てでは随分大事なポイント

小学校に上がる前

これらの難しさを克服するために、質を見つけることに役立ちます。
女の子を育てるお母さんは、いま一度女の子
について、客観的に見つめ直してみてはいかがでしょうか。
客観的な視点は本今回、私が主宰するマザーカレッジに通うお母さんのなかから、男の子、女の子の両方のお子さんを育てている方数名に、お話を伺いました。
というのも、男の子と比べることで、女の子の特性がより際立って見えてくるだろうと考えたからです。
私は娘二人を育てましたが、男の子を育てたことがないので、親から見た男の子と女の子の違いがよくわかりません。そこで、両方を育てている方に、子育てで実感する男の子と女の子の違いを聞いてみたのです。
結果、非常に興味深いお話がたくさんありました。

子どもはペット同然に弱くなる。


体験的に心と体にしみ込む

私の知らなかった男の子の世界を垣間見ることができましたし、女の子の良いところ、難しいところもあらためて認識できました。
もちろん、次に紹介するお母さん方の例がすべての男の子、いを表していると思います。
女の子に当てはまる特性というわけではありません。
それでも大きな傾向としての、男女の子どもの違そのうえで、女の子だからこう育てようというよりは、てようと考える参考にしてもらえればと思います。

女の子ならでは〉の特性を考慮しながら、これからの多様性が求められる時代に対応できる女の子を育
成長が早く、しっかりしている
読み書きも早め理解力が高い
とくに幼少期は、女の子は男の子に比べるとしっかりしていた印象があります。母さんもおしりが大きく

  • 両親とも東京が四割学歴
  • 子どものイライラ度が高い
  • 母親のつとめだと思う。


母さんもおしりが大きく 母さんもおしりが大きく 母さんもおしりが大きく