育てるものです。

母親たちの生きる原点を考え

今日、家庭の意義が世界的に再確認されつつあるのはそのためであるまたそれだけに、家庭の構成員は、自家の利害損失のうちに狭く閉ざされるべきではなく、広く社会と国家にむかって開かれた心をもっていなければならない。
家庭における愛の諸相が展開して、社会や国家や人類に対する愛ともなるのである。

社会人として

仕事に打ちこむこと社会は生産の場であり、種々の仕事との関連において社会は成立している。われわれは社会の生産力を高めなければならない。それによってわれわれは、自己を幸福にし、他人を幸福にすることができるのであるそのためには、われわれは自己の仕事を愛し、仕事に忠実であり、仕事に打ちこむことができる人でなければならない。また、相互の協力と和合が必要であることはいうまでもない。そして、それが他人に奉仕することになることをも知らなければならない仕事を通じてわれわれは、自己を生かし、他人を生かすことができるのである。
社会が生産の場であることを思えば、そこからしてもわれわれが自己の能力を開発しなければならないことがわかるであろう。社会人としてのわれわれの能力を開発することはわれわれの義務であり、また社会の責任である。
子供はお父さんのことが大好きなのです。

いじめてはいけない

すべての職業は、それを通じて国家、社会に寄与し、また、自己と自家の生計を営むものとして、いずれも等しく尊いものである。職業に貴賎の別がないといわれるのも、そのためである。われわれは自己の素質、能力にふさわしい職業を選ぶべきであり、国家、社会もそのために配慮すべきであるが、重要なのは職業の別ではなく、いかにその仕事に打ちこむかにあることを知るべきであるきせん二社会福祉に寄与すること科学技術の発達は、われわれの社会に多くの恩恵を与えてきた。
かそのことによって、技術的には解決が可能となっては人間生活にとって避けがたい不幸と考えられたことも、りつつあるしかし、同時に近代社会は、それ自体の新しい問題をうみだしつつある。工業の発展都市の膨張、交通機関の発達などは、それらがじゅうぶんな計画と配慮を欠くときは、人間の生活環境を悪化させ、自然美を破壊し、人間の生存をおびやかすことさえまれではない。

 

勉強ができて


子供と一緒に昨日よりは今日のほう

また、社会の近代化に伴う産業構造や人間関係の変化によってうみだされる不幸な人々も少なくない。しかも、今日の高度化された社会においては、それを構成するすべての人が互いに深い依存関係にあって、社会全体との関係を離れては、個人の福祉は成り立ちえない。
民主的で自由な社会において、真に社会福祉を実現するためには、公共の施策の必要なことはいうまでもないが、同時にわれわれが社会の福祉に深い関心をもち、進んでそれらの問題の解決に寄与しなければならない。
発達障害スクールで教育

育てたいのならばぜひ普段の物の与え方を振り返近代社会の福祉の増進には、社会連帯の意識に基づく社会奉仕の精神が要求される。
三創造的であること現代はまた大衆化の時代である。文化が大衆化し、一般化することはもとより望ましい。
しかし、いわゆる大衆文化には重要な問題がある。それは、いわゆる大衆文化はとかく享楽文化、消費文化となりがちであるということである。われわれは単に消費のための文化ではなく、生産に寄与し、また人間性の向上に役だつような文化の建設に努力すべきでぁる。そしてそのためには、勤労や節約が美徳とされてきたことを忘れてはならない。
そのうえ、いわゆる大衆文化には他の憂うべき傾向が伴いがちである。
それは文化が大
衆化するとともに文化を卑俗化させ、価値の低迷化をもたらすということである。
教育学部の試験の競争もはげしくなった。
教育学部の試験の競争もはげしくなった。

小学校三年

子どもがつい手を出せばとれるお金多くの人々が文化を享受できるようにするということは、その文化の価値が低俗であってよいということを意味しない。文化は、高い方向にむかって一般化されなければならない。そのためにわれわれは、高い文化を味わいうる能力を身につけるよう努力すべきである。
現代は大衆化の時代であるとともに、一面、組織化の時代である。ここにいわゆる組織内の人間たる現象を生じた。組織が生産と経営にとって重要な意味をもつことはいうまでもないが、組織はえてして個人の創造性、自主性をまひさせる。われわれは組織のなかにおいて、想像力、企画力、創造的知性を伸ばすことを互いにくふうすべきである。
生産的文化を可能にするものは、建設的かつ批判的な人間である。
建設的な人間とは、自己の仕事を愛し、それを育て、それに自己をささげることができる人である。
育てるものです。

子どもにお金のあ

ここにいう仕事とは、農場や工場に働くことでもよく、会社の事業を経営することでもよく、学問、芸術などの文化的活動に携わることでもよい。それによって自己を伸ばすことができ、他の人々に役だつことができる。このようにしてはじめて文化の発展が可能となる。
批判的な人間とは、いたずらに古い慣習などにこだわることなく、不正を不正として不備を不備とし、いろいろな形の圧力や権力に屈することなく、つねによりよいものを求めて前進しようとする人である。社会的不正が少なくない今日、批判的精神の重要性が説かれるのも、単に否定と破壊のためではなく、建設と創造のためである。
四社会規範を重んずること日本の社会の大きな欠陥は、社会的規範力の弱さにあり、社会秩序が無視されるところにある。
それが混乱をもたらし、社会を醜いものとしている。
日本人は社会的正義に対して比較的鈍感であるといわれる。
阻害している。社会のさまざまな弊害をなくすため、を守らなければならない。
それが日本の社会の進歩をわれわれは勇気をもって社会的正義社会規範を重んじ社会秩序を守ることによって、われわれは日本の社会を美しい社会にすることができる。

子供の側に立つことができず