不妊治療をするために漢方を利用する方が増加の傾向

我が家は子宝に恵まれ男の子二人のママなのです。

今は二人で手一杯なので、次の子供のことは考えたこともないのですが、友達で二人目不妊の方がいました。

生活ペースもかえることなく二人目ができたらいいなと思っている方でした。

その方が治療が大変なのでいろいろ調べてみたら不妊治療に漢方で治療できるものがあるとのことで、チャレンジしているという話でした。

うちは、産み分けができれば3人目もほしいと思っているので、友達がみているというホームページをさがしてみました。


ホームページを見てみると、特に直接不妊治療するのではなく妊娠しやすい身体を作れるように体質などを漢方でかえていくというものでした。

日常の生活の中で漢方をのみながら体質を改善していくと徐々にそのような方向へ行くとのとこです。

それとともに、私は生理痛に毎月苦しむのですがそれも改善されるかもしれないとのことで、さらに漢方について調べてみることにしました。

毎月毎月偏頭痛と戦っている私なので、偏頭痛薬ではなくほかのものでできたらと考えておりました。


生理痛や今後起こるであろう更年期に対しても対処方法などが載っていました。

漢方というものはいいものなのですね。

不妊治療に関してはやはり卵巣、子宮の血液の流れをよくして、いい卵子を作る。

もしくは男性側も一緒に治療するような形だそうです。

飲んで体質をかえるものなので、苦痛は飲むときの漢方薬の苦さぐらいで後はないように思います。

こちらの治療法がすすんで不妊治療がつらいものでなくなるような形になればいいですね。

Leave a Reply