デリ嬢は愛撫に没頭した

オナニーオプションをするのだが

上流家庭の出とか、流大学卒業とかいうことも、ここでは何の価値もない。金と力だけがものを言う。また。人情もその原動力となっている、人間臭い街でもある。今後何が生まれて何が廃れて行くのか、誰にも予測できない。とにかく人間のあらゆる欲望が処理できる。その点では、歌舞伎町はこれからも変わらないだろう。
セックスを見ても特に興奮しないし

歌舞伎町はヤクザやマフィアが幅を利かせる街だが、その方、風俗嬢のネエちゃんたちのような、天使の住む街でもある。あらゆる夢が金で買え、その夢を食い物にするために、また金が動く。表と裏、陰と陽、この世の天国と地獄。清濁あわせて飲み込んだ街なんだ。そして、歌舞伎町は、ジャパニーズドリームが手に入る街でもある。

  • ペニスを口に含むことも平気です
  • デリ嬢のヴァギナの割目を上下して
  • 下半身に快感を与え続けました

エッチな想像すると

例えば、警察署長が、自分の管轄内で起こった殺人事件がなかなか解決されず、世間からの風当たりが強くなったとする。彼は地方の山奥に住んでいる祈祷師、呪い師、山伏の類いを訪ねることがある。その時には、例えばその婆さんの好きな羊羹の菓子折りなどを一つ、「じゃあ、やってみましょうか」土産に持って行くだけだ。署長は菓子折りを差し出すと、事件の経緯を説明し、助言を乞う。婆さんが祈祷を始め、やがて答えが出る。
デリヘル嬢の中にもそれとは逆に
セックスにおいて噛む
「その被害者は、山に埋められていますな」さっそく、心当たりの山を掘り返してみると、果たして、その山の中から殺された男の死体が出てきた。また、有名な拝み屋がいるって聞くと、まず刑事が訪ねて行って、自分の家族のことなんかを聞いて、当たるか当たらないかを試す。それで当たったとなると、いざ殺人事件が起こって、死体が見つからない時なんかに、やっぱり菓子折を持って行って、死体がある場所の特徴などについて聞き出してくる。こういうことは、俺の現職時代に何度も見聞きしている。そしてこの婆さんへの報酬は、署長のポケットマネーから出る。ペニスを口にくわえる

手コキと手マンでイクことにした

それでも、何だか知らないけど警官から「金払え」って言われて、賄賂を払って出てきたんだ。「警官も信用できんなぁ」と、思ったもんだ。その時は、まさか後に自分が警官になるとは思いもよらなかったけどな。アフガンのあとに行ったインドでは、こんなおいしいこともあった。ニューデリーのヒンズー教寺院に立ち寄った時に、坊さんに中庭で寝るように言われた。
デリ嬢は愛撫に没頭したペニスを口にくわえる

ペニスを口にくわえる

それで、大理石が敷き詰められた、だだっぴろい中庭に行き、星明りの下で寝ていた。暑いから、ひんやりした大理石の感触が心地よくて、なかなか寝心地がよかった。すると、夜中になるとヒッピーみたいな旅行者がいっぱい集まってくるんだ。広大な中庭があっという間に旅行者で埋め尽くされた。みんな寝転んでいるから眠るのかと思ったら、なんと乱交が始まったんだ。